新しい「サプリ」のカタチ。機能性表示食品のメリットは?

 

・栄養機能食品

・特定保健用食品

・保健機能食品

・機能性表示食品

 

これらはいずれも、健康食品の区分なんです。

これらは実は似ているようで、ずいぶんと違うんです。

 

ややこしい日本のサプリメントの区分け

2015年4月に食品表示法が改正になりました。このとき新しい制度として「機能性表示食品」がスタートしました。

 

日本の食品、薬品区分は下記の図のような区分になり、健康食品に関する表示はもっとややこしさを増しています。

日本の食品区分

健康食品といわれるものの大半は「一般食品」の区分に入ります。

 

保健機能食品の区分の中に「機能性表示食品」「栄養機能食品」や「特定保健用食品(トクホ)」がふくまれています。これらの違いをざっくりと確認してみましょう。

 

栄養機能食品

食品衛生法によると、

「特定の栄養成分の補給を目的として摂取をする者に対し、当該栄養成分を含むものとして国が定める基準に従い当該栄養成分の機能の表示をするもの」とされています。

 

カルシウムであれば摂取範囲で配合されていれば、「カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です」と商品に記載できます。

 

特定の成分として、ビタミン12種、ミネラル5種が指定されています。配合量も各成分ごとに決められており、その範囲に適合したものでないと表示ができないものです。

特定保健用食品

「トクホ」の名前で親しまれて(?)います。

 

特定保健用食品には右図のマークが必ず付いていますね。これは、消費者庁長官の審査を通過した証明です。

 

このマークが表示されている食品には、「血圧が高めの方に適する食品」などの、ちょっと突っ込んだ健康効果が表示できます。

 

この表示がされている食品はヒトを対象にして、生理学的、医学的な研究データ(臨床試験)が採取され、そのデータを消費者庁が精査し、許可したということです。

 

機能性表示食品

2015年にスタートした制度。パッケージラベルには「機能性表示食品」の文字と効果の表示がされています。

企業の責任において(審査は無く届出のみ)、科学的根拠から効果を表示できる制度です。

 

審査は無く、届出のみで効果を表示できるところがポイントになります。

(科学的根拠の要件等についてトクホのように決められていますがここでは省略します)

 

サプリメント大国、アメリカのサプリメントの表示規制をお手本にしたとされています。アメリカでは、サプリメントの効果表示が企業の責任において行われています。

 

日本の機能性表示食品は消費者庁が管轄しており、届出された製品はすべて消費者庁のHPに掲載されています。

http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

効能・効果が表示できない一般食品

一般の食品は健康に関する効能や効果をパッケージや広告に表示してはいけません。

 

トクホや機能性表示食品のように、許可や届け出をしていない健康食品やサプリメントはこの一般食品の部類に入ります。

 

機能性表示食品との違いは、①科学的根拠のデータが全くないもの、もしくは②届出がされていなもの、③データはあるが、何等かの理由で届出が受理されていないものということになります。

新しい制度、機能性表示は消費者の味方か?

機能性表示制度がスタートして1年以上が経ち、

ドラックストアでは機能性表示の食品もあたりまえのようにみられるようになりました。

 

実は、機能性表示はサプリメント以外の食品でも届け出ることができるんです。

先日は、ツナ缶の機能性表示が市場に登場しました

 

この機能性表示、トクホに比べて審査が無く、時間がかからないためすでに研究データを持っている大手サプリメントメーカーにとっては製品が作りやすいものです。そのため、トクホを断念した製品などがこの機能性表示になっているとの話もあるようです。

 

消費者にメリットは、同じ原料を使ったサプリメントでも、表示があることで、自分の求めている効能の製品を買い求めやすいというメリットがあります。

現状では、デメリットよりも、メリットの方が大きいと言えそうです。

 

サプリメントのようなセルフメディケーションのツールは、多くの健康増進作用を期待して使うことが多いと思いますが、現状では1つの製品につき、1つの機能表示が原則になっています。

 

ひょっとすると、表示されている以外についても健康効果が期待できるものが、埋もれてしまうかもしれません

 

また、現時点で正しいと思われている研究データも、数年後にはまったく変わってしまっている可能性もあります。

基本的な栄養や表示について知識でレベルアップを!

医学や生理学の研究は研究手法の進歩に伴い、加速度的にスピードが速くなっています。

 

これはサプリメントに関する研究も同じです。

 

新しい成分だけでなく、これまでよく知られている原料や成分についても、新しい効能などがどんどん研究・発見されています(科学的根拠についてはまた別の記事で詳細をとりあげようと思います)。

このような健康情報について、正しいものを選ぶリテラシ―がこれから重要になっていきそうです。

機能性表示以外のたくさんの定着している健康食品についても、表示を正しく読み取ることが、求める製品を選びとるために必要です。

 

栄養や食品、表示を正しく理解し、セルフメディケーションのレベルアップを目指してみませんか?

 

食品や栄養、食品表示についてのセミナー・勉強会はコチラ