「食べ物」を選ぶリテラシーを高めて賢い消費者に!

 

こんにちは。かなやまです。

毎日を心地よく、過ごしておられますでしょうか。

 

みなさんは、食べ物を買うとき、「裏面」の表示を見ていますか?

「名称」「原材料」「保存方法」「栄養表示(カロリーなど)」が載っているあの表示です。

 

はい、普通、あんまり見ないですよね。

 

100歩ゆずって、カロリーなんかは見る方が多いのではないでしょうか?

 

実は、この表示のしくみを知ると、食べ物を選ぶのが、もっと「賢く」なります。

 

そうです。決して「楽しく」はなりません。でも、「賢い」選択ができるようになります。

 

実は、あまり知られてはいませんが、平成27年4月から「食品表示法」とう法が施行されました。

 

この法律、これまで食べ物の表示に関する法律は「JAS法」「食品衛生法」「酒税法」などバラバラの法律で決められていたところを、パズルのように組み合わせて表示していました。

 

これを、まとめて食品表示専門の法律としたんですね。

管轄は「消費者庁」です。

 

そして、消費者庁の目的の一つは、「消費者の教育」です。

 

消費者が正しい知識をもって、正しく消費をすることができるような啓蒙や教育も担っています。

 

だから、食品表示は、しっかりとしたルールに基づいて、すべての包装された食品は表示がされています。

 

実は、このルールを知ることではじめて、「正しく」食品を選択することができるようになります。

 

例えば、カロリーの表示。

 

炭水化物は4kcal/g、脂質は9kcal/g、タンパク質は4kcal/gといった係数に基づいて算出されているものです。

 

係数自体は、か科学的な根拠をもとにしているのですが、トータルのカロリーだけをみると、まちがった解釈をしてしまう場合があります。

 

脂質だって、大切な栄養素。脂肪になるだけではく、細胞の材料になったりします。

 

炭水化物の中には、腸の状態を整えてくれる食物繊維も含まれます。

 

自分の求めているものをしっかりと選び取るリテラシーをつけて、賢い消費者として暮らしていきましょう!

 

 


・ストレスケアやブレインフードを学ぶワークショップを開催

 ⇒詳しくはコチラ

 

・独自に開発した働く人のためのストレスケアサプリメント「ビジネスエイド」