ストレスケアフードとしてのフェルラ酸:抗酸化と抗炎症の研究情報

 

みなさんは、ブレインフードという言葉を聞いたことがありますか?

 

ブレインフードとは、脳と体の健康によいと考えられている食品です。

ここでは、このうち科学的な研究が行われているものをいうことにします。

 

今回からシリーズで、ブレインフードとして注目している「フェルラ酸」という成分について、研究情報を紹介していきたいと思います。

 

 

●フェルラ酸とは

フェルラ酸とは、麦や玄米などの穀物の穀皮に含まれる成分で、主に細胞壁を構成している成分です。

 

ポリフェノールの1つであり、高い抗酸化作用を有することが知られており、化粧品などにも使用されてきました。

 

フェルラ酸の構造
フェルラ酸の構造

フェルラ酸とは、麦や玄米などの穀物の穀皮に含まれる成分で、主に細胞壁を構成している成分です。

 

ポリフェノールの1つであり、高い抗酸化作用を有することが知られており、化粧品などにも使用されてきました。

 

●フェルラ酸の抗酸化に関する研究

 

私たち人間が活動をする際、呼吸をして空気から酸素を取り込み、エネルギーをつくっています。

 

この、呼吸をすることで、体内を傷つける活性酸素が発生するのですが、通常はこの活性酸素を除去する作用が働いています。

 

ですが、過度な運動や喫煙、精神的ストレスがかかった場合に、活性酸素を除去するしくみが乱れ、体内の細胞が傷つけれられます。

 

この、活性酸素を除去する力がフェルラ酸にあることが確認されています。

 

その活性酸素除去の力はビタミンEの70%ほどであるとも報告されています【1】。

 

●抗酸化作用が炎症を防ぐと考えられている

 

フェルラ酸が抗酸化作用を有することを述べましたが、この抗酸化力により体内の炎症を防ぐ作用が期待できる研究結果が報告されています。

 

炎症とは、免疫の防御反応のひとつですが、近年では過剰な炎症反応が多くの生活習慣病の背景にあることがわかってきており、いかにして炎症を防ぐか?とうことに関心が高まっています。

 

細胞を使った試験管内での試験において、フェルラ酸を添加すると炎症を引き起こす遺伝子の発現が抑制されることが報告されています【1】。

 

そのメカニズムは次のように考えられています。

 

活性酸素は細胞内のミトコンドリアで主に発生します。

ミトコンドリアは呼吸により酸素からエネルギーを作り出す器官で、活性酸素が発生しやすいことろです。

 

活性酸素が細胞内に発生すると、炎症を引き起こす一連の反応がスタートします。その最初のステップが炎症を引き起こす物質を作る遺伝子(NF-kB)のスイッチを入れることです。

 

フェルラ酸が活性酸素を除去することで、この最初のスイッチがONにならないようにしていると考えられています。

 

●パーキンソン病とフェルラ酸

 

パーキンソン病は、脳神経細胞の不具合により起こる病気ですが、その原因としてミトコンドリアの異常により活性酸素が高まり、炎症がひきおこされるためと考えられています。

 

脳神経細胞を使った試験において、炎症を媒介するタンパク質の発生を抑制することが報告されています【2】。

 

●アルツハイマー病とフェルラ酸

 

フェルラ酸はアルツハイマー病への応用についても研究されています。

アルツハイマー病の原因は、アミロイドベータと呼ばれるタンパク質が脳の神経細胞に蓄積するためと考えられています。

 

このアミロイドベータの蓄積が活性酸素により引き起こされていると考えられています【3】。

 

動物を使った実験において、フェルラ酸がアミロイドベータの蓄積を抑制することが報告されています【3】。

 

●おわりに

 

今回は、フェルラ酸の抗酸化と抗炎症に関する研究情報についてまとめました。

 

次回は、脳とパフォーマンスに関する研究情報についてまとめます。 

●参考文献

【1】Jpharmacol Sci 111, 328-337(2009) Antioxidant,Free Radical-Scavenging, and NF-kB-inhibitory Activities of Phytosteryl Ferulates:Structure-Activity Studies

【2】Drug Design, Development and Therapy 2015:9 5499–5510 Neuroprotective potential of ferulic acid in the rotenone model of Parkinson’s disease

【3】Nutrients 2015, 7, 5764-5782; doi:10.3390/nu7075246 FerulicAcid: AHopeforAlzheimer’sDiseaseTherapy fromPlants

●関連記事

●関連リンク


・ストレスケアやブレインフードを学ぶワークショップを開催

 ⇒詳しくはコチラ

 

・独自に開発した働く人のためのストレスケアサプリメント「ビジネスエイド」