さあ、ブレインフォグから抜け出そう

みなさんはブレインフォグという言葉、聞いたことがありますか?

 

 

・なんだか頭にもやがかかったような感じがする

・ちょっとしたことでも疲れてしまい、集中力が続かない

・あれ?なんだか以前よりもひらめきがなくなった

 

 

こんな不調を「ブレインフォグ」と呼ぶことがあります。

 

 

原因は、長期のストレスなどで脳のエネルギー産生が落ち込んでしまったものと考えられています。

 

 

こういった不調が続くと、なんだか自分が自分でなくなったような、違和感を感じてしまいます。

 

 

これってけっこう辛いです。

 

 

集中力も落ちてしまい、仕事も能率が落ちてしまいます。

 

 

なにより、気分も落ち込んでしまいますよね。

 

 

身体や脳を元気にするためには「運動」「睡眠」「食事」が大切なことはみなさんご存じだと思います。

 

 

私はここに、プラス「心の健康」だと思うんです。

 

 

なんだか怪しいこと言い出した・・・。

 

 

いえいえ、安心してください。

 

 

心の健康=健全な思考、健全な出来事のとらえ方ということです。

 

 

最近出版されたビジネス書に「脳を最適化すると能力は2倍になる」という精神科の先生が書かれた本があります。

 

 

 

脳で働くドーパミン、アドレナリンなどの神経伝達物質の働きというとってもマニアックな切り口から仕事のパフォーマンスアップにつながる方法が習慣が書かれています。

 

 

当然、睡眠、運動、食事の重要性に触れられていますが、それらに加えて、ネガティブな感情や思考を取り除くことの重要性も書かれています。

 

 

 

 

ストレスフルな仕事をしていたり、非常に忙しいビジネスパーソンはいつも神経が張り詰めて、「不安」と隣り合わせ。

 

 

 

睡眠の質を上げ、運動を習慣にするためにも、できるだけ「不安」という感情をコントロールしたいと思うんです。

 

 

 

日々、頭のなかに湧き上がる不安。

 

 

でも実際は、蓋をあけると「な~んだ」なんてことがほとんど。

 

 

 

物事のとらえ方、考え方ひとつで、不安はコントロールできるんです。

 

 

どうですか?そう考えると何だか楽になりませんか?

 

 

こんな風に思えた瞬間、ブレインフォグから抜けだし始めていますよ。

 

 


東京ビジネスキャリアラボでは、カウンセリングセッションとワークショップ、ブレインフードの知識からあなたのストレスケアを考えサポートします。お気軽にお問合せください。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です